アスミールって何歳から何歳までがおすすめ?

MENU

アスミールって何歳から何歳までがおすすめ?

身長を伸ばすために必要な要素の一つとして、成長ホルモンの大切さはご存知かもしれません。

 

アスミールは成長サポートをしてくれる成分がたっぷり配合されています。

 

そんなアスミールですが、何歳から何歳まで飲むと良いのでしょう?お子様の年齢がアスミールに合っているかどうか気になりますよね?

 

ということで、アスミールの対象年齢について見ていきましょう!

 

アスミールは何歳から何歳まで?

アスミールは何歳から何歳の間に飲むのがおすすめなのでしょう?

 

アスミールの公式サイトを見ると、
「基本的には離乳食が終わった頃から飲んで大丈夫」
とのことです。

 

アスミールは基本的に食品ですので、食事ができる年齢になれば飲んでも良いということです。離乳食が終わったぐらいですから、1歳半から2歳ぐらいですよね?

 

そのぐらいの時期ですと、まだアレルギーがあるのかどうかについてもわかっていないかもしれません。

 

なので、お子様が小さい場合は、まずはスプーン1杯のアスミールから始めるのが良いでしょう。大丈夫そうなら少しずつ量を増やしていきましょう。

 

では、アスミールは何歳まで飲んで大丈夫なのでしょう?
大丈夫なのは大人でもお年寄りでも大丈夫です。とはいえ、成長期が終わった大人は身長は伸びないので、栄養補給として飲むならということです。

 

小学生や中学生の頃って、学校では背の順に並ばされますよね?小学校の高学年頃から自分の身長がすごく気になる時期です。

 

実は成長ホルモンが盛んに分泌される時期は、この小学校高学年から中学生の時期にあたります。この時期より前に成長をサポートしてくれる栄養素をきちんと摂ることが身長を伸ばすために重要なことです。

 

成長ホルモンが分泌するかどうかは、毎日の食生活が直接的に関係します。
そのため、バランスの良い食生活と成長に必要な栄養成分をしっかり摂ることが大切なポイントになります。

 

アスミールは小学3年生頃から中学生2年生頃までがおすすめ!

成長期には個人差がありますが、平均すると5年生ぐらいから中学3年生頃までです。

 

実は身長の伸びというのは、成長期までにどれだけ伸びたかが重要になってきます。成長期に入ってしまうと、伸びる身長の割合はそれほど差がなくなってきます。

 

あとは成長期がどれだけ長いかによっても後半身長が伸びることがありますが、成長期に入る前の身長の伸びが大切なのです。

 

そのため、成長期に入る前から準備する必要があります。
アスミールを飲み始めるおすすめの時期が小学3年生です。

 

3年生頃からアスミールで栄養を吸収することで成長ホルモンの分泌量が増えます。これにより、成長期に入るまでの身長の伸び率が期待できます。もし、食事からカルシウムやたんぱく質など成長に必要な栄養素をきちんと取っていたとしても、成長ホルモンの分泌がないと身長は伸びないのです。

 

この成長ホルモンの分泌を促す栄養成分を効率よく摂ることができるのがアスミールです。

 

アスミールは特別な3つのカルシウムを配合!

成長ホルモンの分泌に大切なのがカルシウムです。アスミールには、異なる形態の3つのカルシウムが配合されています。

  • 魚骨カルシウム
  • 胡麻ミネラル
  • 天然珊瑚素材ドロマイト

の3種類です。

 

魚骨カルシウムは天然の魚の骨を十分に洗浄して、焼成した天然の栄養素になります。胡麻ミネラルは、胡麻由来のミネラルはそのままに吸収を阻害する物質を独自の製法で取り除いたものです。天然素材ドロマイトは、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムも含まれている天然由来のカルシウム素材になります。

 

アスミールにはその他にもこんな成分が入っています

 

上記であげた以外にもアスミールには様々な成分が配合されています。例えば、カルシウムの吸収をサポートするビタミンDやCPPといった成分です。

 

CPPはカルシウムが、食物繊維やミネラルと結びつくのを防ぐ成分です。ビタミンDは、カルシウムの運搬に深く関わっている栄養素になります。ビタミンDを含む食品は限られているので、積極的に摂取しないと不足しがちです。せっかく高い栄養素が入っていても味がイマイチだと子供は飲んでくれません。

 

アスミールは、子供の好きな味に仕上がっているので、飽きずに長く続けることができます。

 

アスミールの味については、以下の記事でも触れていますので興味のある方は見てみて下さい。